アスクル(株) 実行型AIロボット・自動化設備を拡充 物流拠点2か所で新規ロボットが稼働

目次

実行型AIロボット・自動化設備を拡充
物流拠点2か所で新規ロボットが稼働

高負荷作業の自動化で庫内作業者の身体的負担低減、価値向上を実現

アスクル(株)
ASKUL Logi PARK横浜
ASKUL三芳センター

EC市場の急成長でその物流量が増加する中、EC事業者の物流センターに対するDX投資が加速して
いる。あらゆる事業所向けの必需品から一般消費者向けの飲料・食品など幅広い商品の通信販売を展
開するアスクル(株)も物流センターの人手不足解消と生産性向上を目的とし、かねてより物流センタ
ーの高負荷作業の高度自動化を積極的に推進してきていることは周知のとおりだ。先般はその取組の
一環として、庫内労働環境のさらなる改善を目指し、実行型AIロボット・自動化設備の追加導入を決
定。ASKUL Logi PARK横浜にはデパレタイズロボット((株)Mujinの製品)を、埼玉県入間郡三芳町
のASKUL三芳センターには自動棚搬送ロボット((株)ギークプラスの製品)(写真1)を新たに導入
し、稼働させた。そこで今回は両物流センターでのこれら新規設備導入を中心に同社の積極的なDX
投資の取組をレポートする。(編集部)

目次
閉じる