東京ロボティクス(株)小・中規模物流施設向けのロボットを開発 短距離配送・荷役作業を軽減する自走式パレタイズロボット

東京ロボティクス(株) 代表取締役  坂本義弘氏

物流施設における人手不足が顕在化し、従来以上に高齢者や女性スタッフの雇用が拡大す
るなか、荷役作業の省力化あるいは自動化設備・機器の導入が進展している。最近はマテリ
アルハンドリング機器とロボットを組み合わせた大規模投資案件も目立つが、スペースと投
資資金に制約がある小・中規模の物流施設でも省力・自動化ニーズは高まるばかりだ。こう
した小・中規模物流施設の実情を踏まえ、小型低コストながら高性能のロボット開発を進め
ているのが東京ロボティクス(株)。小・中規模物流施設の省力・自動化を今後加速させるロ
ボットメーカーの1社として業界関係者の注目を集める存在となっている。
そこで今回は同社代表取締役の坂本義弘氏にインタビュー取材し、同社の事業内容のほか、
小・中規模物流施設向けロボットの開発経緯や機能性、今後の事業展開などについて話を聞
いた。 (編集部)

目次
閉じる